2006年05月03日

輪島塗/輪島塗り 作家紹介のページ

輪島塗/輪島塗りの作家を紹介しています。
http://www.taigadou.com/modules/wordpress3/

▼紹介の例

鬼平慶司(おにひらけいじ)(社)日本工芸会正会員


若い感性と優れた技術は、日頃の研究熱心さに裏付けされた確かなものを持つ。
新しいことにも果敢に挑戦し、もっといいものをと試行錯誤するのが恒。
大雅堂社長の無理難題にも喜んでチャレンジする、信頼の置ける作家の一人。

一九七三年 三月十五日 輪島市に生まれる

一九九一年 伝統工芸士 熊野貞久氏に蒔絵を師事

一九九七年 第三十八回 石川の伝統工芸展初入選 以後入選を重ねる 

一九九八年 石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科卒 
    同年 東京国立博物館内 漆工修理室にて
        国宝中尊寺金色堂巻柱復元模造製作に従事(一九九九年五月迄)

二〇〇〇年 第十七回 日本伝統漆芸展初入選 以後入選を重ねる 
        第四十七回 日本伝統工芸展初入選 以後入選を重ねる 
        第五十六回 現代美術展初入選(石川県) 
        第三十四回 輪島市美術展初入選入賞 以後入選を重ねる 

二〇〇一年 第五十七回 現代美術展入賞「佳作」(石川県) 

二〇〇二年 第五十八回 現代美術展入賞「佳作」(石川県) 
        第八回 兼六園大茶会工芸作品公募展「奨励賞」

二〇〇三年 日本工芸会正会員に認定

二〇〇四年 第二十一回 日本伝統漆芸展出品作品
『延齢草文蒔絵漆食籠』 朝日新聞社賞受賞

二〇〇五年 第三十九回 輪島市美術展「輪島市教育長賞」受賞 委嘱推挙
posted by 輪島塗/輪島塗り【輪島漆器大雅堂】 at 14:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 輪島塗/輪島塗り
この記事へのコメント
はじめまして、山中と申します。いろいろ調べていたのですが、分らなくお聞きすることになり申し訳ございませんが、質問させていただきたいのですが、その昔、特産陶器店、高尾屋というお店ご存知ですか?
昭和10年代にあったと思われますが、
突然のご質問で失礼かと思いますが、知っておられましたらお返事ください
Posted by 山中 信恵 at 2006年09月30日 19:57
山中信恵様 ようこそ有難うございます。
ご質問につきまして。残念ながらわかりません。
先代にも尋ねましたが、わかりませんでした。
お役に立てず、申し訳有りません。
何か、大切な思い出がおありなのでしょうね。
本当に申し訳ございません。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
Posted by 大雅堂社長 at 2006年10月02日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/640188

この記事へのトラックバック

鬼平慶司(おにひらけいじ)
Excerpt: 鬼平慶司(おにひらけいじ)(社)日本工芸会正会員 若い感性と優れた技術は、日頃の研究熱心さに裏付けされた確かなものを持つ。 新しいことにも果敢に挑戦し、もっといいものをと試行錯誤するのが..
Weblog: 輪島塗/輪島塗り/輪島漆器 作家紹介
Tracked: 2006-05-04 14:52