2006年05月15日

松に鷹の沈金

image/taigadou-2006-05-15T17:03:42-1.jpg松に鷹の沈金
輪島塗りの技は深くおもしろい。
posted by 輪島塗/輪島塗り【輪島漆器大雅堂】 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪島塗/輪島塗り

2006年05月14日

輪島では釣りばか日誌のロケがおこなわれています

輪島では釣りばか日誌のロケがおこなわれています。
輪島市内はたのしい状況です。
posted by 輪島塗/輪島塗り【輪島漆器大雅堂】 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪島塗/輪島塗り

2006年05月04日

輪島塗/輪島塗りについて

輪島塗/輪島塗りについてはhttp://www.taigadou.com/modules/wordpress/にてお知らせしています。

▼以下は記事の例です。

輪島塗の起源は?

* 輪島漆器とは…輪島塗解説

< 2006年5月1日(月曜日)14時33分17秒 > 記事編集

輪島塗(わじまぬり)の起源は?

輪島塗の起源については、従来より、「大陸渡来説」「根来塗伝播説」「合鹿椀(ごうろくわん)発展説」などの諸説が喧伝されてきたが、そのいずれにも確証がなく定かなところではない。

伝世する最古の輪島塗に、輪島市内の重蔵神社に伝わる本殿の朱塗扉がある。建立時期より室町時代・大永四年(1524年)に製作されたことがわかる。また、同神社の文明八年(1476年)建立時の棟札に輪島在住と見られる塗師の名が記されるところから、15世紀後半には、輪島において漆器の生産が行われていたと考えられる。

いまひとつ、「輪島地の粉」を使用した最古例が鳳珠郡穴水町西川島遺跡より出土した「線刻漆椀(破片)」、同時に出土したあて材の木へらや漆壺が、15世紀における奥能登の漆器生産を伺い知ることが出来る。

15世紀の輪島は、大屋荘(おおやのしょう)と呼ばれる半私領地化された国衛領であったが、西川島遺跡のような在地領主の私工房が、中世末期から近世にかけての流通経済発展にともない、海運の便利さをもとめて輪島に集合し、次第に産地形成されたことが推測される。

「合鹿椀(ごうろく椀)発展説」の合鹿椀は、隣村柳田村で作られたが、近年の調査により炭粉柿渋下地を特徴とし、地の粉下地を特徴とする輪島塗とは、異なった起源を有する、別系統の漆器と考えられるようになった。

能登半島では奈良・平安の昔からうるしを産出し、朝廷に納めてきました。
長い歴史の中で品質を認められた輪島塗りが、全国に広まるきっかけになったのが、北前船という海の道です。
中性の輪島は「親の湊(おやのみなと)」と呼ばれ、日本の代表的な港湾「三津七湊」の一つに数えられる、有数の港でした。
輪島塗もここから船積みされ、各地へと渡っていったのです。
posted by 輪島塗/輪島塗り【輪島漆器大雅堂】 at 14:50| Comment(3) | TrackBack(1) | 輪島塗/輪島塗り

2006年05月03日

輪島塗/輪島塗り 作家紹介のページ

輪島塗/輪島塗りの作家を紹介しています。
http://www.taigadou.com/modules/wordpress3/

▼紹介の例

鬼平慶司(おにひらけいじ)(社)日本工芸会正会員


若い感性と優れた技術は、日頃の研究熱心さに裏付けされた確かなものを持つ。
新しいことにも果敢に挑戦し、もっといいものをと試行錯誤するのが恒。
大雅堂社長の無理難題にも喜んでチャレンジする、信頼の置ける作家の一人。

一九七三年 三月十五日 輪島市に生まれる

一九九一年 伝統工芸士 熊野貞久氏に蒔絵を師事

一九九七年 第三十八回 石川の伝統工芸展初入選 以後入選を重ねる 

一九九八年 石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科卒 
    同年 東京国立博物館内 漆工修理室にて
        国宝中尊寺金色堂巻柱復元模造製作に従事(一九九九年五月迄)

二〇〇〇年 第十七回 日本伝統漆芸展初入選 以後入選を重ねる 
        第四十七回 日本伝統工芸展初入選 以後入選を重ねる 
        第五十六回 現代美術展初入選(石川県) 
        第三十四回 輪島市美術展初入選入賞 以後入選を重ねる 

二〇〇一年 第五十七回 現代美術展入賞「佳作」(石川県) 

二〇〇二年 第五十八回 現代美術展入賞「佳作」(石川県) 
        第八回 兼六園大茶会工芸作品公募展「奨励賞」

二〇〇三年 日本工芸会正会員に認定

二〇〇四年 第二十一回 日本伝統漆芸展出品作品
『延齢草文蒔絵漆食籠』 朝日新聞社賞受賞

二〇〇五年 第三十九回 輪島市美術展「輪島市教育長賞」受賞 委嘱推挙
posted by 輪島塗/輪島塗り【輪島漆器大雅堂】 at 14:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 輪島塗/輪島塗り

2006年05月02日

輪島塗/輪島塗りの商品紹介ページ

輪島塗/輪島塗りの商品紹介ページでは、輪島塗りの商品を紹介しています。
▼以下、紹介の事例です。

三宝(さんぽう)金縁家紋入り

三宝の使い方は、地方によって色々です。写真のように鏡餅に豪華な飾りをのせる他、串柿をかざる、鏡餅のみ、と郷土の特色が現れるものです。

大きさや色も様々で、黒真塗りや、朱塗りの所もあり、家紋を入れないところもあります。

最近では、あまりうるさくいわず、好みで選ばれることも多いです。

【商品データ】
 定価 367,500円
 寸法 W275 D275 H263 mm
素材 天然木 布着本堅地輪島塗

屠蘇器(とそき)7つ組 地紙扇面蒔絵(じがみせんめんまきえ)高柳雄斎作


この屠蘇器(とそき)は、7つ組といい、銚子・盃・盃台・四段重・取皿・取り箸置き・屠蘇台の7点セットです。


お年始にいらしたお客様に、ご挨拶のあと屠蘇を一献、そしておせち料理をおすすめするために必要な物が一つになっています。



屠蘇(とそ)とは。

屠蘇は、もともとは薬だったそうです。山椒・大黄・白じゅつ・桔梗・細辛・乾姜・防風などを三角の紅の帛衣に入れて、酒やみりんに浸したもの。唐の時代に医師が流行風邪のための薬として作ったものがおいしくて評判になり定着した、と言われます。
屠蘇(とそ)とは、「邪気を屠絶し、人魂を蘇生させる」ということで、一年中の邪気を祓い延命長寿を願うために飲む酒であります。

重箱は、4段めを空にしておき、来客の時におせちをお客様用に取り分けて入れ、取り皿をつけておすすめるのが正式ともいわれるし、与の重(よのじゅう)には山の幸を入れて、4段で正式なおせち料理とする、ともいわれます。

美しい蒔絵が、いっそう晴れやかな迎春の時を演出します。

【商品データ】
 定価 1,890,000円
 寸法 W545 D363 H455 mm
素材 天然木 布着本堅地輪島塗

五段重(ごだんじゅう)高台平台付き 扇面蒔絵(せんめんまきえ)高柳雄斎作

この五段重は、蓋が似まい付いています。五段を一度に使わず分けて使うときに便利に出来ています。

【商品データ】
 定価 3,255,000円
 寸法 W273 D273 H455 mm
 素材 天然木 布着本堅地輪島塗
posted by 輪島塗/輪島塗り【輪島漆器大雅堂】 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 輪島塗/輪島塗り